2015年2月10日火曜日

麦の唄に挑戦 2月10日のコール・アマービレ

朝、椅子の上に白い楽譜が。

「麦の唄」

中島みゆきが歌っている、朝ドラの「マッサン」のテーマソングです。
これが今年の1日合唱講座の練習曲です。
北海道篇に移ってからは2番の歌詞で放映中。これは、朝ドラ主題歌としては珍しいようです。
そういえば私、先週北海道に行ってきました。
雪の動物園とか、雪まつり、流氷ツアー駆け足でしたが、雪国の冬とちょっと友達になってきました。
くわしくは「猫額園だより」をご覧ください。
比布SAから大雪山系を望む

★今日の練習曲

「麦の歌」音取り ★New
注意・・・練習番号DからHまでは、合唱講座ではカット D→I へ飛ぶ

今日の音取りは、カット部分もやりました。92小節まで音取り完了。
3連符が2:1になっているのが多いけれど、練習番号Iには16分音符と8分音符になっている音型がでてくるので、違いをはっきり意識して歌えるように。


この曲は、講座開始前にお客様の前でご披露する。

「鐘のなる丘」
全体にゆるっと3連符の2:1歌い。p5のか~ぜが、p6のかあさん、きいろいなどの歌い方は楽譜通りでなく、慣例に従う。
(パソコンで音譜が書けないのでお休みだった人はパートで確認してね。)

★自主練の時にすること(先生より)

●各パートで音取りをしたり、確認ができて全体で合わしましょ!ってなったらこれからは、一つ高度なことをやってほしい。

①長い音符のときに、全体で和音を確認しよう。
②ピアノで和音を弾いて「ああ、こういうハーモニーね」って認識したら、そのハーモニーを目指す。
③次にその少し前から歌ってきて、さっき確認した和音になってるかどうかチェック。
という練習をしてほしい。

●音が飛んでる時とかもそういう作業をしてほしい。

●「日本の名曲」については、発表時のパートは固定だけど、練習時は、パート交換してもいい。
よそのパートがこういう動きをしているんだ、ということを体感するのもいい練習になるし。

3月の練習日についてはお知らせブログでご確認ください

0 件のコメント:

コメントを投稿

練習の報告はお休みします

このブログでは主に毎週の練習の様子を かなり詳しく報告させていただいていましたが、 書き手のおばたん(今までは出席率がよかったのですが) 家庭の事情でお休みが増えそうで、 毎回報告するというわけにもいかなくなりました。 閲覧者も少ないようなので報告は、お休みといたします...