2015年12月15日火曜日

今年最後の練習だ!コール・アマービレ

12月15日。月半ばではございますが、今日が本年最後の練習でした。
練習曲は盛りだくさん!
しかも今日が暗譜期限の曲が2曲ありました。
はてさて、暗譜はできたのかな?

まだこんな赤い紅葉があったよ!

★今日の練習曲

「音楽に寄せて」
41Pの13小節、16小節は最高音に向かってテンポが動きます。指揮をちゃんと見てね。
暗譜完了!拍手!

「魔王」
こんなの暗譜ムリ!って思ってたけどみんなで力を合わせると何とかなるものだ~
これも暗譜完了!
キャラの歌い分けも結構いけてるかも?
こんなのムリって思わず頑張ってみるもんですね。

41小節の子どものパート、PPの表示があるが、特にここは小さく出て、「子供」感を表現。
25pの97小節からの「子」の出るタイミング、早くでないように注意。
最後の「絶えて」はメゾ・アルトは下の音で。 ソプの音は小さめに。

「南海譜」
*流麗な曲だけど美しいだけではない、しみじみとした悲しみを湛えて歌う。
 なんか沖縄戦とか、南の海に沈んだままの船とかを思わせる泣けちゃう曲ですぅ(うるうる)

小節の最後の音譜から始まる曲は、遅れやすいので気をつけよう!
なーみのす・な・  ぶーしいか・げ・」 など太字部分

メゾ 37Pの旋律はスポットライトを浴びているようにしっかり豊かに歌っちゃってください。
アルトのラララララ・・・は「とても素敵な部分」だと思いながら、最後の音の上がりをよく。
    2つ目のララララのミのナチュラルの音を正確に。
ソプラノ 38P「あわれ時の」のクレッシェンドは次の「椰子の」までパワーを持続する。

最後のHmは結構長いのでその前でしっかりブレスを取る。

「ぶどう摘み」
*淡々とした「作業歌風」に仕上げる
この曲も南海譜と同じようにアウフタクトから入るので遅れないように・・・
今はみんな楽譜ガン見なのですご~~く重いよね。指揮も見よう!

「つむの、つむの」の後はピアノに曲を渡すように。
P16 ソプラノは、下のハーモニーに耳を傾けながら歌う
P17 ソプとメゾは1小節前のアルトのアウフタクトを聞いて入るように。

「しらかば」
*ほろ酔い気分を表現  ・・・あくまでも表現。自分が正体をなくしてはいけない。
34P下 2部になったところから「ゆ~れている の~は、ぺ~ガサスだ け~ど・・・」と一拍目の音をふわぁんとふくらますように歌う。
これでほろ酔い気分を出すけど、音程は狂わないように気をしっかり持って。
わあ、ソプの「苔の匂いに」のミの音、こわいなあ・・・

★先生より発声の注意

声を押さないで歌うように
力を入れて前へ「う~ん!」と押すのでなく、後ろを回してふわっと響かすように。
これは、周りの声や伴奏を聞ける歌い方、とも言える。
「声を押す」発声は、
そば鳴りが大きくて自分の声しか聴かない歌い方になる。

★お知らせ
1月12日練習初日は、9時半集合11時半から「やるき茶屋」で新年会。
予算は3000円
今日欠席の人、は出欠を西原口さんに連絡すること。
また、予定が変わって出られなくなった人も連絡しましょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先週先生から「遅刻ダメよ!」と言われ、みんなと~~っても早く来てました。
でもね。決して無理はしないでくださいね。
なんたって、一番大切なことは続けることですから・・・
では、みなさんよいお年を~~!!
また来年も元気に楽しく歌おうね!

0 件のコメント:

コメントを投稿

練習の報告はお休みします

このブログでは主に毎週の練習の様子を かなり詳しく報告させていただいていましたが、 書き手のおばたん(今までは出席率がよかったのですが) 家庭の事情でお休みが増えそうで、 毎回報告するというわけにもいかなくなりました。 閲覧者も少ないようなので報告は、お休みといたします...