2014年6月11日水曜日

梅雨空です・・・6月10日のコール・アマービレ

灰色の空、降り続く雨。
先日、メヌエットの「雨だれのコンサート」も土砂降りの中2日間にわたって開催されました。
団員の中にも関係者が多く、それぞれ頑張っておられました。
そのとき配布されたプログラム添付の「一人一言」
今回の一言は「音楽の教科書で印象に残っている曲は?」
という質問へのひとこと。
すぽたんは、この質問で「鑑賞した曲」が浮かんでしまい、「歌った曲」には頭がいかなかったんですが、ほとんどの方は「歌った曲」を書いてらっしゃいました。
高校は選択科目だったので小、中しか音楽やっていないのですが、小学校の音楽の時間はあんまり楽しくなかったような気がします。
音楽の先生があまり好きでなかったし、
歌のテストとか大嫌いだったし!
それでも、みなさんが挙げている曲名を見ると、曲と一緒に友達の顔や思い出の数々が浮かんできます。
雨だれコン直前、降参している


閑話休題(1度使ってみたかった)10日の練習のようすです














いよいよ県合唱祭へ、詰める!

「ありがとう」
まだ「守り」の演奏で、可もなく不可もない無難な線をたどる演奏で伝わってくるものがない。
「どうしたい」というものがない。
最初の歌い出しから「まぶしい朝に」までは、序の部分で丁寧に表現
「まぶしい朝に・・・」「デコボコなまま・・・」は声が薄くなってしまわないよう気を付ける
tulululul・・・からは、ライブの時、飛び跳ねて踊っているような感じがほしい。
小さめに入って後半ちゃんと盛り上げて次の「愛してる・・・」の山へ持っていく。
「愛してるって・・」の山は、しっかり大きく盛り上げる。
オペラで太った歌手が「愛してる~♡」と朗々と歌い上げるような感じで。

「ありがとうって伝えたくて、あなたをみつめるけど」問題について
Aの部分とEの部分(Hにもある)では、リズムが違うが現状はバラバラ。
時間のある時にパートでちゃんと練習しておいてほしいが、もう今週末のことなので
とりあえず、Aの「つた・え・た・くて~」、「みつー・め・る・けどー」は丁寧に語りかける、と思って
Eの「つた・えたー・くて」、「みつー・めるー・けどー」は、ノリノリな感じでと思って区別するように歌う。

でも、暗譜だと「あっ!」と思った時にはまちがたリズムでEを通過しているんですよね・・・・
残り時間で頭にねじ込まねば・・・

「ふるさと」
「ありがとう」より若干速いと思って歌いだすように

ピアニカで音を切るときのように、息は長く出し続けて言葉をその上に入れていくような発声で歌いたい。
高音部、どうしても苦しいところに入ってしまうので、
休符の度に「オペラの声」にポジションを立て直すようにする。
高音に上がるときには、徐々に筋肉に力が入るようにするといいので、見えないように
ボーリング球を投げたり、腕を上げたり、ひざを曲げたり・・・するといい・・・・
「見えないように???」って
そりゃ無理やん。
頭の中でそうしてると想像するとできるのかもしれない???
でも、これもイメージトレーニングとか必要かなぁ・・・・

お知らせ

所沢市から、間庭先生と先生が指導している音楽団体のボランティア活動が表彰されることになりました。おめでとうございます~♡

「間庭小枝と仲間たち」として表彰だそうです。
(・・・・・・なんだか♪北の山から下りてきた♪・・・みたいだな)

県合唱当日は、まずメヌエットに集合!2時からそくjっと練習始められるようにあつまってね!
サッカー見てて遅れないように~
衣装の黒パンツの長さは、適当でいいそうです。(年相応の長さにしよう!)

★6月の練習日追加
 24日10時~3F音楽ホール



0 件のコメント:

コメントを投稿

練習の報告はお休みします

このブログでは主に毎週の練習の様子を かなり詳しく報告させていただいていましたが、 書き手のおばたん(今までは出席率がよかったのですが) 家庭の事情でお休みが増えそうで、 毎回報告するというわけにもいかなくなりました。 閲覧者も少ないようなので報告は、お休みといたします...